趣ある日本庭園を造る

手入れされた美しい庭園は、高級住宅の特徴の1つです。四季折々の草花が植えられた庭園は、高級住宅をより魅力的に見せてくれます。その家に暮らす人や周辺の住民の気持ちも癒してくれるのが庭園の良いところです。

趣ある庭園を造りたいのであれば、日本庭園をコンセプトにしてみるとよいでしょう。石灯籠や鹿威しなどを設置するだけでも、和の雰囲気を出すことができます。竹垣、庭石、飛び石、数寄屋門などを配置すれば、情緒ある庭園に仕上がります。庭園に植える樹木や草花にもこだわってみるとよいでしょう。日本庭園の定番は、ツツジやアジサイなどです。ウメやサクラやモミジなどの樹木を植えれば、毎年自宅の庭でお花見や紅葉が楽しめます。

スペースを活用して坪庭を造る

庭園を造る場合には、ある程度の広さの土地が必要です。土地が狭い場合は、敷地内に坪庭を造ってみてはいかがでしょうか?坪庭ならば、2~3坪程度のスペースがあれば十分です。背の低い樹木や庭石などを配置するだけで、趣ある坪庭が造れます。植栽に対して下方向からスポットライトを当てると、夜間は幻想的な雰囲気が楽しめます。外からの視線が気にならないため、プライバシーを保ちやすいのが坪庭の魅力です。

坪庭を造る際には、メンテナンス性を考慮する必要があります。砂利を敷いておくと雑草が生えにくくなるため、メンテナンスの手間が省けます。砂利は、日本情緒も醸し出してくれます。お好みに合わせて坪庭を設計してみるとよいでしょう。