カラーリングがポイント

高級感を演出するインテリアのポイントとなるのは、色合いです。家具などを高価なものにしなくても、色の選び方を工夫すると、高級感を出すことができます。おすすめの色合いの一つが、木目調です。一口に木目調といっても、白に近いものからナチュラルブラウン、黒色までさまざまですが、中でも暗めの色調のものを使うと高級感を演出しやすくなります。

木目調以外では、ホワイト・グレー・黒などの無彩色をメインとした色調を採用できます。無彩色では、白に近いものだと上品さを演出でき、グレーは上質な質感やエレガントさが感じられますが、最も高級感を出せるのが黒色で、重厚感を持たせることもできます。同系色に統一するのではなく、壁や柱などは白など明るい無彩色とし、配置する家具を黒に近い色にコーディネートするとよいかもしれません。

質感と実用性を考える

内装をゴージャスなものにするには、壁や床、天井の質感にこだわることも大切です。インテリア雑誌などに載せられている内装を見てみると、高級住宅とされている素材には、木材に加え、大理石や天然石、グレードの高いタイルが使われていることが多いようです。温かみが感じられる内装は、木材が多く使用されますし、エレガントさを重視する場合は、優雅さを感じられるカーペットなどをポイントにするとよいかもしれません。

高級感を演出するデザインは、実用性を兼ね備えていることがほとんどです。デザインのみを追い求めると、耐久性に問題が出る場合があり、居心地の良い空間にはなりません。デザインと実用性とのバランスは、インテリアコーディネーターなどがいる設計事務所に内装を頼むと、満足感が高くなります。